プロフィール

小島まさ子(ピアニスト)

photo

国立音楽大学付属中学校、高等学校を経て、同大学器楽学科
(ピアノ専攻)を卒業。
在学中に、NHK洋楽オーデイションに合格、放送される。
神奈川県立音楽堂推薦オーデイションに合格、推薦音楽会に出演。

NHK交響楽団団友オーケストラ、及び神奈川フィルハーモニーオーケストラとチャイコフスキー、グリーグ等の協奏曲を共演する。
その他、オペラの本番、及び稽古ピアニストとして、数多くの作品を演奏している。

室内楽では、ピアノ三重奏を度々演奏する。
声楽とのアンサンブルには、特に情熱をかたむけており、ドイツ・リートは、専門とする。ドイツ・ハンブルグのコルト・ガーベン氏のもとで研鑽を積み強い影響を受けている。

CDでは、2007年に、バリトンの小島 博氏と「ドイツ・リートと日本歌曲」をリリースし、畑中良輔氏より絶賛される。また、2009年には、ピアニストの矢部伸子氏と「連弾三昧」をリリースしている。

2007年より自宅を開放して、多彩なゲストを招いて「ワンコイン・ハウスコンツエルト」を行っている。

2009年9月、来日中のウィーン・フィルハーモニー交響楽団の第一ヴァイオリンのエーリッヒ・シャゲレル氏と共演する。

朗読とピアノ演奏のコラボレーションを試み、ピアニストの桐生啓子さんと「二鈴奏」(にりんそう)を2016年に立ち上げた。

photo
ハンブルグのガーベン先生宅

photo
ハウスコンツェルト

photo
エーリヒ・シャゲレル氏と